【撮影スポット】川崎の工場夜景

すっかり春ですな。
花粉症の方は非常につらい季節。

先日、駅でボロボロ泣いている男性がいて
話を聞いていると花粉症とのこと。

私も鼻むずむずしますが
自分は花粉症ではないと言い聞かせています。

川崎の工場夜景

昨日、ずっと行きたかった
川崎の工場夜景を見に行ってきました。

行こう!

そう思ったのは昨日の昼ごろ。
我ながら急です。

思い立ったらすぐ行動。

私は車の免許をもっていないので
行くとしたら電車とバスを使って…と
いろいろ行き方を調べていました。

そんな中、川崎の工場夜景
見に行こうツイートをしたら

なんと
そのツイートを見た私の兄が

仕事終わりに
車に乗せてくれることに。

なんというフットワークの軽さ。

そして、何より
兄のやさしさ。

行くと決めたら
車に乗せてくれる人も
一緒に見に行く人も見つかった。

これぞ 引き寄せ

とんとん拍子。

救世主、現る。

兄と私

兄は車が大好き。

前に鳥取砂丘まで車で行った
という話を聞いて

うらやましすぎて
おいおい、私も乗せてくれと思ったほど。

兄も工場夜景が大好きなので
一緒にドライブがてら行くことに。

22時すぎに東京駅で拾ってもらって
夜中のドライブ。

昔は喧嘩ばかりしていましたが
2人とも無事に大人になりまして
今ではいろいろ話せる仲です。

子供のころ、ひねくれ者だった私は
兄と喧嘩した際

 

兄が大事にしているプラモデルを
庭に埋めたりしていました。

 

もう一度言います。

 

兄が大事にしているプラモデルを
庭に埋めたりしていました。

 

今思うと最低!w

もはやネタです。

私は3人きょうだいの一番下。

3人きょうだいでよかったなと
思うこと、めちゃくちゃたくさんあります。

とても心強いです。

 

京浜工業地帯に到着

話してたらあっという間に
京浜工業地帯に着いたのですが

驚くほど人が周りにいません。

治安が悪いわけではないですが
女性ひとりで行くにはおっかないスポットでした。

もし撮影に行くなら
誰かと一緒に行くことをオススメします。

行く時間がかなり遅かったので
明かりが消えているところもありましたが

花王の川崎工場あたりから
浮島あたりをぐるっと回って

東扇島西公園と東扇島東公園に立ち寄って
大黒PAから横浜夜景を見ながら
東京に戻ってきてフィニッシュ!

普段 見られないような景色がいっぱい。

周りにほとんど人も車もいないし
2人して大興奮でした。

昭和駅や扇町駅、日本触媒のほうには
また今度、撮影リベンジしに行きます。

 

兄よ、ありがとう。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

牧野圭子

全国出張撮影可能!子供・家族写真を主に撮影しているフリーカメラマンです。埼玉県所沢市出身で今現在は東京都武蔵野市に住んでいます。お寿司が大好きすぎて困っています。